FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の要求を通したいときに

渡辺です。



今日は

自分の要求を通したいときに

という話をします。



人に自分の要求を通す能力
人に自分の思った方向に動いてもらう能力

こういったものを身に付けることができると
女性を攻略するのがグッと楽になります。


例えば
私がデートの後に女性を家まで送っていったときに
よく使うセリフ

「ごめん、ちょっとトイレ借りていい?」

私はいつもこのセリフで女性の家に侵入しています(笑)

家に一度入ってしまえばこちらのものですから、
後は適当に理由をつけて居座るト....

これなんて典型的な
自分の要求を通すテクニックの1つです。


女性からしてみれば、
男を家に入れるという本来とても危険なはずの行為を

「トイレ借りていい?」

というこちらのセリフによって特に警戒することもなく
やってしまうわけです。


なぜこんなことになるかというと
女性の意識をそらしています。

「家、入っていい?」
と聞かれると、

何のために?
男を簡単に家に入れないほうがいいな。

と、女性はこんなことを瞬時に頭の中で
考え、結局断られます。


ですが、
「トイレ借りていい?」
と聞かれると、

男を家に入れるという行為自体は同じなのですが、
女性の意識は、
ただトイレを貸すだけという方向に行っていますので
すんなりOKされるわけです。

この本来の目的から意識をそらすという
テクニックはぜひ使ってほしいと思います。。


といっても、おそらくほとんどの人が
1回は使ったことのあるテクニックなんですけどね。

女性をデートに誘うときに

「おいしそうな店見つけたんだけど、男だけじゃちょっと入りにくくて..... 一

緒に来てくれない?」

こんなすでに何回も日本中で使い回されたであろうセリフも、
あなたと2人でご飯を食べに行きたいという目的を
男だけでは入りにくいという理由で覆い隠しています。


だから今でも十分この誘い方は通用します。

使い古されているので、
十中八九こちらの下心はバレますが.....


まあ、下心が完全にバレないように誘い出すなんて
かなり難しいですから、
バレても全然良いと思います。


少し話が脱線しました。

もう何個か自分の要求を通すテクニックを
紹介しますね。

次はナンパをする人の間では有名なテクニック。

〈時間を区切る〉

これは、最後の一押しというか
あと少しで良い方向に向かうというときに
使うのがいいですね。

ナンパする人たちは
「10分、10分でいいから付き合ってよ」
みたいな感じで使います。


別にナンパ以外にも使えますよ?
女性をホテルに連れ込むときに
「30分だけ休憩していかない?」
という感じで。

ちょっと応用編ですが、
デートが終わって別れる瞬間に
「もうちょっとだけ一緒にいたいな」
なんて言ったら女性をドキドキさせられますね。


最後にもう1つだけ
テクニックを紹介します。


一言で言うと

〈小さなお願いから大きなお願いへ〉

ですかね。


人はできるだけ過去の自分と同じ行動を
とりたくなるという性質を持っています。

恒常性っていうんでしょうか?
まあ、詳しい事は知りませんが、
なぜこういう性質があるのかというと
単純に自分が疲れないためなんですね。


あなたも朝起きてからの行動は毎日同じですよね?
特に考えなくとも無意識でやっていると思います。

ごはんを食べて、歯をみがいて、トイレに行って、
これを毎朝考えていると疲れるわけです。

だから脳がオートマチックでやるようになっていると。


はい、それで人間のこの性質を悪用します(笑)

「私はこの人のお願いを聞くのが普通だ」

と相手に思い込ませるんですね。


言葉だけみると洗脳みたいですが、
まあ、こういうニュアンスだと思ってください。

で、具体的にどうやるか。


本当に単純です。
分かりやすいので学生を例にしますね。


まずはほとんど相手の負担にならないことを
お願いします。

消しゴム貸してだとかノート貸してだとか。

次にちょっと相手の負担になることを
お願いしてみます。

数学の問題教えてだとか漫画貸してなど。


そしてこのお願いをちょっとずつエスカレート
させていって、

休日に1対1で勉強教えてだとか
2人でご飯食べに行こう
といったお願いを通すわけです。


まとめると
最初に軽いお願いを聞いてもらい
だんだん重いお願いに切り替えていきます。


はじめに何個かこちらの要求を通しておくだけで
いきなりデートに誘ったりしたときより
OKをもらえる確立がかなり上がります。


やはり一度お願いを聞いてしまうと
次のお願いが断りづらくなるものですから。

お願いのレベルを少しずつ上げていくのが
コツです。

焦って一段飛ばしてしまうと
とたんに効果をなくしますので。

人間関係全般で使えますので、「
試してみてください。


今日はテクニックの話をしてみました。

どれも基本的なものですがとても協力なので
ぜひ使ってください。


渡辺 聡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡辺 聡のメルマガ
「恋愛テクニック講座  ~モテる男とは~」
 はこちら
 http://archive.mag2.com/0001625565/index.html?_ga=1.166034494.1892074904.1389450883
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡辺 聡

Author:渡辺 聡
恋愛テクニック、人間心理、モテるようになるにはといった内容の記事を載せていきます。

恋愛メルマガもやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。