スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の欲望と向き合う

渡辺です。


今日は

自分の欲望と向き合う

という話をします。



みなさん幸せな人生というと
どのような人生を思い浮かべますか


学生時代は友達に囲まれ楽しく過ごし、
失恋なども経験し学校を卒業。

それなりの企業に就職し、しっかり者の奥さんと結婚して
子宝にも恵まれる。

あとは子育てに専念し、定年まで働く。

そして老後は趣味などに没頭しながら、
最後は家族に見守られ死んでいく。


こんな感じではないでしょうか?

私も昔はこのような人生を
思い浮かべていました。


でもあるときふと気づきました。

「なんか刺激が足りないな」

多分、普通に生きていたらほとんどの人は
こういう人生を送れます。

でも当時の私は何か自分だけの
特別な人生を送りたいと思ってしまったのです。
(もしかしたら中二病だったのかもしれません....)

で、そう思ってとりあえず始めたのが

〈やりたいことをやってみる〉

当時の私のやりたいことは
女の子とめいいっぱい遊ぶことでした(笑)

特別な人生を送りたいと思って数年経った今、
私は幸せです。


いきなり自分語りを始めたぞコイツ
と思われた方すいません。

上手いこと今日の話の前置きにするつもりが
妙に長くなりました(笑)


今から本題に入ります。

さて、実際私のように何か自分だけの特別な人生を
送りたいとまではいかなくとも、

●日常にちょっと刺激が欲しい
●自分の人生このままでいいのだろうか....
●死ぬまでにもっとやりたいことがある

これらに少しでも当てはまる方は
今日の話を聞く価値があると思います。


まず知っていてもらいたいのが、
人間が一番幸せを感じるのは

〈自分の欲望が満たされているとき〉

ということです。

まあ当然ですよね。

自分のやりたいことをやっているときが
一番楽しいです。

問題なのは
ほとんどの人が

〈自分の本当の欲望が何なのか分からない〉   

       もしくは

〈自分の本当の欲望をごまかしている〉

状態にあるということなんですね。


前者の
〈自分の本当の欲望が何なのか分からない〉
にあてはまる人は

今、自分が何をしたら幸せになれるのか
分かっていません。


あなたがもしこれに当てはまる場合は
自分の欲望を探すところからスタートです。


探し方は
まあ、紙に書くなり妄想するなり
好きにやってもらえばいいのですが、

1つだけ注意があります。

「道徳や倫理は完全に無視」
してください。

ついでに言うと、今の自分の能力や環境なども
考えに入れず、
純粋に自分の欲望は何かを探しましょう。

大抵の人は自分の欲望を探すときに
道徳や倫理、自分の能力といった壁に
ぶつかります。

でも今はただ探しているだけなんですから、
そんな壁は取り払いましょう。

さすがに犯罪にかかわるようなことだと
ヤバイですが....

自分の心の底からの欲望を知ることが
できたなら、
あとはできるだけその欲望を
満たしてあげてください。


言い忘れていましたが、
欲望というのはつまりやりたいことなので、
1億円稼ぎたいなんて物から
外国に旅行に行きたいなんて物まで
全部欲望に入ります。


生きているうちに
やりたいことなんて、いくらでも出てきますので
できる範囲で叶えられるといいと思います。


さて、次は
〈自分の本当の欲望をごまかしている〉

場合です。

これに当てはまる人は本当に多いです。

どんな状態なのかというと

女性にモテたくてしょうがないのに、男友達といるほうが
ラクと言って何も行動しなかったり

音楽関係の仕事がしたいのに、将来が確実な
公務員になってしまったりと。

例を挙げるとこんな感じですね。


あなたも今まで生きてきた中で
何度かあるのではないでしょうか?

自分のやりたいことと逆の選択を
してしまったことが。

別に今までの選択が悪いと言っているわけではないです。

ただほとんどの場合に当てはまるんですが、
私たちが人生の中で2択の問題に直面したとき

1つの選択肢は安全
1つの選択肢はリスクがある

ということになります。


入試なんかで考えてもらうと
分かりやすいと思います。

自分の行きたい大学に受かる確立は
だいたい50%くらい
でも大学のランクをひとつ下げれば受かる確立は
90%まで上がる。


で、たちの悪いことに
欲望を満たそうとした場合、
ほぼ必ずといっていいほど、リスクのある選択肢
のほうを選ばないといけなくなります。

欲望を満たすということは現状を変える
つまりリスクを負うということですから。

だから、
平和で穏やかな人生を送りたいのであれば、安全な選択肢を

自分の欲望を叶え、刺激的な人生を送りたいのであれば
リスクのある選択肢を
ことあるごとに選べばいいというわけです。

簡単ですよね?


まあ、先ほども言ったとおり
人間が一番幸せを感じるのは

〈自分の欲望が満たされているとき〉

なので、幸せになりたければ
リスクのある選択肢を選ぶしかないのですが。


ちなみに
リスクのある選択肢を選びつづけると
どんどん自分が好きになり自信もついてきます。

自分の欲望を叶えようとがんばっているのですから
当然ですよね。


逆に
安全な選択肢ばかり選んでいると
自分が嫌いになり自信を失っていきます。

自分のやりたいことと逆のことをやっているのですから
これもまた当然です。

まあ、人生一度きりですから
あなたの好きな方を選んでください。

私はもちろんリスクのあるほうをとりますが(ニヤッ)



今回はちょっと恋愛からはずれた話を
してみました。


個人的にこういう話も大事だと思っているので
これからもたまにこういう話を入れていきます。


では今日はこれで終わります。



渡辺 聡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡辺 聡のメルマガ
「恋愛テクニック講座  ~モテる男とは~」
 はこちら
 http://archive.mag2.com/0001625565/index.html?_ga=1.166034494.1892074904.1389450883
スポンサーサイト

自分の要求を通したいときに

渡辺です。



今日は

自分の要求を通したいときに

という話をします。



人に自分の要求を通す能力
人に自分の思った方向に動いてもらう能力

こういったものを身に付けることができると
女性を攻略するのがグッと楽になります。


例えば
私がデートの後に女性を家まで送っていったときに
よく使うセリフ

「ごめん、ちょっとトイレ借りていい?」

私はいつもこのセリフで女性の家に侵入しています(笑)

家に一度入ってしまえばこちらのものですから、
後は適当に理由をつけて居座るト....

これなんて典型的な
自分の要求を通すテクニックの1つです。


女性からしてみれば、
男を家に入れるという本来とても危険なはずの行為を

「トイレ借りていい?」

というこちらのセリフによって特に警戒することもなく
やってしまうわけです。


なぜこんなことになるかというと
女性の意識をそらしています。

「家、入っていい?」
と聞かれると、

何のために?
男を簡単に家に入れないほうがいいな。

と、女性はこんなことを瞬時に頭の中で
考え、結局断られます。


ですが、
「トイレ借りていい?」
と聞かれると、

男を家に入れるという行為自体は同じなのですが、
女性の意識は、
ただトイレを貸すだけという方向に行っていますので
すんなりOKされるわけです。

この本来の目的から意識をそらすという
テクニックはぜひ使ってほしいと思います。。


といっても、おそらくほとんどの人が
1回は使ったことのあるテクニックなんですけどね。

女性をデートに誘うときに

「おいしそうな店見つけたんだけど、男だけじゃちょっと入りにくくて..... 一

緒に来てくれない?」

こんなすでに何回も日本中で使い回されたであろうセリフも、
あなたと2人でご飯を食べに行きたいという目的を
男だけでは入りにくいという理由で覆い隠しています。


だから今でも十分この誘い方は通用します。

使い古されているので、
十中八九こちらの下心はバレますが.....


まあ、下心が完全にバレないように誘い出すなんて
かなり難しいですから、
バレても全然良いと思います。


少し話が脱線しました。

もう何個か自分の要求を通すテクニックを
紹介しますね。

次はナンパをする人の間では有名なテクニック。

〈時間を区切る〉

これは、最後の一押しというか
あと少しで良い方向に向かうというときに
使うのがいいですね。

ナンパする人たちは
「10分、10分でいいから付き合ってよ」
みたいな感じで使います。


別にナンパ以外にも使えますよ?
女性をホテルに連れ込むときに
「30分だけ休憩していかない?」
という感じで。

ちょっと応用編ですが、
デートが終わって別れる瞬間に
「もうちょっとだけ一緒にいたいな」
なんて言ったら女性をドキドキさせられますね。


最後にもう1つだけ
テクニックを紹介します。


一言で言うと

〈小さなお願いから大きなお願いへ〉

ですかね。


人はできるだけ過去の自分と同じ行動を
とりたくなるという性質を持っています。

恒常性っていうんでしょうか?
まあ、詳しい事は知りませんが、
なぜこういう性質があるのかというと
単純に自分が疲れないためなんですね。


あなたも朝起きてからの行動は毎日同じですよね?
特に考えなくとも無意識でやっていると思います。

ごはんを食べて、歯をみがいて、トイレに行って、
これを毎朝考えていると疲れるわけです。

だから脳がオートマチックでやるようになっていると。


はい、それで人間のこの性質を悪用します(笑)

「私はこの人のお願いを聞くのが普通だ」

と相手に思い込ませるんですね。


言葉だけみると洗脳みたいですが、
まあ、こういうニュアンスだと思ってください。

で、具体的にどうやるか。


本当に単純です。
分かりやすいので学生を例にしますね。


まずはほとんど相手の負担にならないことを
お願いします。

消しゴム貸してだとかノート貸してだとか。

次にちょっと相手の負担になることを
お願いしてみます。

数学の問題教えてだとか漫画貸してなど。


そしてこのお願いをちょっとずつエスカレート
させていって、

休日に1対1で勉強教えてだとか
2人でご飯食べに行こう
といったお願いを通すわけです。


まとめると
最初に軽いお願いを聞いてもらい
だんだん重いお願いに切り替えていきます。


はじめに何個かこちらの要求を通しておくだけで
いきなりデートに誘ったりしたときより
OKをもらえる確立がかなり上がります。


やはり一度お願いを聞いてしまうと
次のお願いが断りづらくなるものですから。

お願いのレベルを少しずつ上げていくのが
コツです。

焦って一段飛ばしてしまうと
とたんに効果をなくしますので。

人間関係全般で使えますので、「
試してみてください。


今日はテクニックの話をしてみました。

どれも基本的なものですがとても協力なので
ぜひ使ってください。


渡辺 聡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡辺 聡のメルマガ
「恋愛テクニック講座  ~モテる男とは~」
 はこちら
 http://archive.mag2.com/0001625565/index.html?_ga=1.166034494.1892074904.1389450883

基礎の基礎、聞き上手

渡辺です。


今日は

基礎の基礎、聞き上手

という話をします。



恋愛を語る上ではずすことのできないテーマ

〈聞き上手〉

基本ゆえに奥が深いこのテーマについて
今日は話していきます。

みなさんも
モテるためには聞き上手になれ
みたいな話は聞いたことがあると思います。


では、なぜ聞き上手になれると
モテるようになるのか?

まず
女性からたくさんの情報を引き出すことが
できます。


例えば女性が友達についての愚痴を
言っているとしましょう。

「この前友達と遊ぶ約束してたのにドタキャンされてね~
 めちゃくちゃ腹立って、すんごい喧嘩になっちゃったの」

はい、ここから読みとれる情報は

(私、ドタキャンされるとキレるから絶対やめてね。)


こういう情報が女性の発する言葉には
たくさん入っているわけです。

●女性の情報を引き出すことができる

これが聞き上手の利点その1


利点その2は

●女性から信頼される

みなさん知っていると思いますが、
女性というのは愚痴、悪口、噂話が大好きです。

話していると、この手の話題は
必ず1つはでてきます。

でも、女性が愚痴や誰かの悪口を
言ってくるというのは、それなりに信頼
されている証なんです。

見ず知らずの人に
愚痴や悪口を聞かせる女性なんていませんから。

聞き上手の人が信頼されるポイントは
ここにあります。


〈意図的に〉

愚痴や悪口を言わせることができるのです。

本来、人間の仕組みとしては

この人は信頼できる人だと思う
→愚痴や悪口を聞いてもらう

という順番なのですが


聞き上手の人と話すと

いつのまにか愚痴や悪口をもらしてしまう
→愚痴や悪口を言えるのは、この人が信頼できるからだ

と考えてしまうわけです。


恋愛における聞き上手の利点は
これくらいです。

●女性の情報を引き出すことができる

●女性から信頼される


たったこれだけのことなのですが、
これをばっちりできる人は
とてつもなくモテるわけです。


さて、
ここからは

「結局、聞き上手ってどうすればいいの」

という疑問に答えていきます。

聞き上手の基本的な
考え方は

〈話をもらう〉

相手の経験や考え方を
もらうという意識です。

聞くじゃなくてもらう。

もらうという意識を持つだけで
相手の話を聞こうとしているときよりも
興味を持つことができるし、頭に入ってきます。

相手の話に興味を持つことができれば
どんどん質問したくなりますし、

相手も質問されれば
どんどん話したくなります。

こうして
良いサイクルができあがり
相手は言うはずもなかったような
プライベートな話とかをポロッともらしてしまうんですね。


聞き上手の
もうひとつの考え方は

〈相手の話は全肯定〉

女性がどれだけ頭のおかしな事を言おうが、
どう考えたって間違っている事を言おうが
とにかく全肯定です。

否定したところで
女性の機嫌は悪くなるわ、会話は止まるわ
で何も良いことはありません。

でもこれだけは注意してください。

<相手の悪口に乗らない>

相手が誰かの悪口を言ったからといって
あなたも便乗してその人の悪口を言ったりしてはダメです。

後から相手の女性に
あなたは悪口を言う男みたいな感じで
少し理不尽な覚え方をされることがあります。

相槌を打つくらいが無難ですね。

聞き上手は今話した

〈相手から話をもらうという考え方〉
〈相手の話は全肯定〉

の2つができれば大丈夫なんですが、

もう1つだけ
聞き上手とは少し違うかもしれませんが、

 <会話の流れをコントロール>

するという意識を持っていてもらいたいです。

私たち男の最終目標は
話している女性と恋人になったり
ホテルに連れて行ったりすることなんですから、

話す内容も最終的に
恋愛話などの(良いムードになる?)
方向に持っていきたいわけです。

夜の11時頃に
居酒屋で女性に、飼っているペットの話なんか
してもらっても意味ないですよね?

話を聞いているうちに

「そろそろ終電なくなるから」

と言われて帰られます。


だから最初は雑談でいいのですが、
時間がたつにつれ、プライベートな話に
そして自分に都合の良いように

話の流れをコントロールする意識を
持てるといいです。

女性がいつまでも雑談を続けるようでしたら
強引に話を変える必要があるかもしれません。

まあ、けっこう見極めが難しいのですけど。


まずはしっかり話を聞く練習をし
(この言い方けっこうひどいですね 笑)

それから話の流れをコントロールすることに
意識を向けていったらいいと思います。。


では今日もこのへんで


渡辺 聡


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡辺 聡のメルマガ
「恋愛テクニック講座  ~モテる男とは~」
 はこちら
http://archive.mag2.com/0001625565/index.html?_ga=1.166034494.1892074904.1389450883

一回全力で口説いてみろ

渡辺 です


今日は

一回全力で口説いてみろ

という話をします。



男性で
「恋愛について勉強してみよう」

こう考える人っていうのは
実はけっこういます。


ここまではいいんです。

恋愛について勉強するという発想すら
出てこない人もいますから。

ただ、恋愛って応用問題ばっかりなんですね。

全部の女性に当てはまる攻略法というのが
存在しない。


恋愛商材とか今、あなたが見てくれている
このブログの内容とか、
こういったものは
あくまで恋愛のセオリーを伝えるものでしか
ないんです。


大多数の女性の喜ぶポイントは
ここですが、当てはまらない人もいます
というニュアンスでしか書けない。


だからある程度、
恋愛の基本とかセオリーを学んだと
思ったらどんどん実践していって
応用力をつけていかないとダメなんです。

で、残念なことに
この実践するということをみんなやらない。

実践しないと
知識は使いこなせないです。


使いこなせない知識は
知らないのと同じですよね?


...........


と、上から目線で言ってしまいましたが

(イライラした人がいたらすいません)

多分こういう話はどこかで聞いたことが
あると思います。

恋愛商材とかメルマガには
大抵この手の話は書いてありますから。


正直私も聞き飽きてますので(笑)

なので、今日は
みなさんが聞き飽きているであろう

「学んだ知識を実践する」

という考えを少し違った切り口から
話していこうと思います。



私が思うに
みんな学んだ知識を実践しないのではなくて
できないんだと思うんですよね。

例えば、

「女の子が髪を切ったら気づいてあげる」

というテクニック

そんな都合よく
このテクニックを学んだ次の日に
好きな女の子が髪を切ってきませんよね?

他にも

「女性に警戒させずにデートに誘うテクニック」


これを学んだはいいけど
そもそも使う相手がいないとか。

要は学んだ知識を使うタイミングがないだとか
使う相手がいないだとか、
そういうことです。

こんな状態で
実践しろとか言われても
無理ですよね?

私も一時この状態に陥ったので
よく分かります。

で、私がこの状態を
どうやって脱したかというと

「一人の女性を全身全霊で口説いてみる」

これをやりました。


今までまったく関係性のなかった女性を
1人ターゲットに決めて
全力で口説いてみる。

期間を2ヶ月とか3ヶ月とかに決めて、
その期間内に恋人になることを
目標とするわけです。


ちなみにこの期間の間
他の女性のことは一切考えません。

ターゲットの女性と
どうやったら恋人になれるか
これだけを考えてください。


ターゲットなんていう書き方を
しましたが、
別に好きな人でもいいです。

むしろ好きな人のほうが
やる気が出るかもしれないですね。

これをやる理由なんですが、
まず口説く期間を設けることで

いついつまでに仲良くなって、
いついつまでにデートに誘って、
いついつに告白する

みたいな感じで自分の行動を
逆算していかなければならないので

戦略的に女性を口説いていく力が
つきます。


理由はもうひとつあって。

「いろいろなテクニックを試せる」

ということ。

お互いに面識がないだとか
顔を知っている程度の関係から
数ヶ月かけて女性を口説いていくので、

「女性と仲良くなるテクニック」だとか
「相手の心を開かせるテクニック」だとか
「デートに誘うテクニック」なんかを全部使うタイミングがきます。

先ほど言っていた

「学んだ知識を使う相手やタイミングがない」

という問題を解決することができますね。


などなどこのように
1人の女性を全力で口説くという行動には
良いところがたくさんあるわけですが、


さらに
(少し感情論になってしまうんですが)

「人間的にとても成長します」

自分の好きな女性を
自分のすべてをかけて口説き落とす
なんていう経験をしたことのある人は
かなり少ないはずです。

2、3ヶ月かけて女性のことを考えたり
話しかけたりしているうちに
自分の弱いところや嫌なところが
見えてきます。


そういうものを乗り越えていく過程で
あなたはとても成長するんです。


人生で一度くらい、
好きな女を振り向かせるために
全力で努力するという経験をしてみては
どうでしょうか?

なんかただの良い話みたいに
なってしまいました(笑)

きりがいいので
今日の話はこれでおしまいです。



渡辺 聡

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
渡辺 聡のメルマガ
「恋愛テクニック講座  ~モテる男とは~」
 はこちら
 http://archive.mag2.com/0001625565/index.html?_ga=1.166034494.1892074904.1389450883
プロフィール

渡辺 聡

Author:渡辺 聡
恋愛テクニック、人間心理、モテるようになるにはといった内容の記事を載せていきます。

恋愛メルマガもやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。